スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんで、はねて(しょうなんへんその2

記事の続きです。
昨日レシピをTLにあげて一番言われたのが2積みピン積み多くてハイランダーっぽい、みたいなことをよく見かけました。
その補足で。

一番言われたのが引きたい時に引きたいカードを引けないんじゃないか、ってことでした。
引きたいときに引きたいカードを引ける方法があるならそういうデッキ組んでます。
というような身も蓋もない理由ではないですが。
必要なときに必要なカードをキープできているかどうか、という話で、2積みとかが多いと確立下がるのでは?という話だと仮定して話します。
まずそういう話を考える上の前提として、そういった思考はこの状況ではこのカードがなければきつい、積む、あるいはゲームを作る上でこのターン、リソの状況でこのカードが絶対に必要、みたいなことだと思います。
例えばZXRを使用してその効果を活かすデッキならそもそもそのZXRを引かなければなりませんし、リソースリンクを使いまわし頼るデッキならリンクを集めること、ループコンボなどではコンボパーツを引き込み崩されてもリカバリーする、みたいな。
そういうデッキであるなら私の組んでる月宮百式の構築はあり得ないです。
カードを散らせる必要はありませんし、そもそもそんなに枠を作れませんので。

例が極端かもしれませんが、デッキタイプとゲームメイクの考え方が違います。

では月宮百式の話に戻ります。
なんでこんな種類多く散らしてるの?っていう話ですね。
IGアイコンから説明して行きます。
アビッソがピンなのは採用理由にも書きましたが、フロートは4積みたくないので残りの1枚をカードパワーで選んだだけです。それ以上でもそれ以下でもないです。
インフェクト・ラケーテについては採用優先順位が同列でルール上合計4枚までしか積めないので2-2に。
使う場面は限られてきますし、どちらかに寄せてもうひとつ採用できないよりはマシなので。
恩返しと今行くは多く積むと事故を起こす上、発動すれば儲け物程度のパワーカードだから。
という感じです。
IGアイコンはまぁそこまで変な形ではないと思ってはいるんですが…。

非IGの方に。
ピン挿しは鈴音とモリブデン。
鈴音は使いたい場面がものすごく限られている上、他のカードでも事足ります。
ただし欲しい場面は存在するのと、決して事故に繋がらないので一枚だけ。
先行時相手が5バニないデッキとか5バニ返しとかまぁ序盤でも欲しいですが、そのために枚数増やすのは弱いので。
モリブデンはコスト多く残ってるPSガルマータをほぼ確定で抜ける装置でしかないです。
逆に言えばこれが欲しいのはこのタイミングだけでそういうデッキタイプ相手だけです。
もちろん普通に引いてもレンジ2になれるユニットなので強いから採用。
2積みカードですね。
フィオレ、ヴェイラ、アセディア、ルートヴィヒ、メノーテ、ベイン、ピニオン
フィオレは相手ターン中の移動を可能にするカードなので効果はオンリーワンです。
でも他の移動が増えたおかげで他のカードで代用できます。
ヴェイラも同様。フロートやノンノ、フィオレで代用可能ですし、急いで欲しいカードではないです。
アセディアも同様です。弾ければ再利用できますが、それくらいです。
そもそもこいつない構築でも勝ててるんですから。
ルートヴィヒは採用理由に書いたとおり使う場面が少なく、現在のZ/Xでは難しいです。
2枚あれば墓地か手札には行くだろうてきな扱い。
メノーテは重く、何枚も引いても困るのでこの枚数。コントロール相手には引きたいけど、コントロール相手ならドロー回数も増えるよね?っていう。
ベインはウィニー相手に欲しいですが、序盤のウィニーは移動でごまかせますし、そこから殺せます。
手札もカツカツなデッキなので2枚あればすこし安心できるかな、程度。
ピニオンは本当に引けても引けなくてもあまり影響はないので。
引ければ強いけど。入れていることに意味があるカード。

と、まぁざーっ書きましたがまとめます。
まずピン挿については使う相手が限定的であるため解決策として入れているだけです。
次に2挿ですね。5cがそれです。で、5帯が2挿かピンなんですが、全部引けないときついです。
それはつまりゲーム中5c引けないわけで。
アセディアが引ければトラッシュの再利用含めアクセスが増えます。
ヴェイラが引ければ移動ビートの動きを安定してとれてかためにも対応できます。
フィオレが引ければ青1での移動を確保できるのでヴェルテノンノロザリーがいきてきます。
モリブデンと鈴音しか引けなくても鈴音は8000打点として、モリブデンはレンジ2カードとして単体でも運用できます。
どれか引けていればそれに合わせてゲームメイクができます。
それを支える4帯は4-3-3という配分ですし。
7cの二枚についてですが、7に到達するまでにドローは最低でも8枚しています。
IGで落ちたカードも含めて考えると見える枚数は多いはずですね。
その中にどちらもいない場合は他のカードを引けているのでゲームプランをそちらで作ります。
もちろん囲まれたいるとき(IGクソゲーに対して)ベインが引けないから負けた、という試合はありますし、ループコンボに当たりメノーテなくてコンボ崩せないとかもあります。
しかしだからと言ってどちらかに寄せると逆のデッキ対しては構築段階での詰みになります。
また、ウィニー相手には移動、コントロール相手には入れ替えといった対応が別ルートであり採用カードでみると安定してその動きはできます。

2挿がおおくて必要ときに必要なカードを握れないかも、ではなく、一種類のカードしか引けずに動きが狭まることがないと捉えてください。
動きの基盤となるカードは3枚以上入れています。
それと引いたカードの組み合わせで戦うデッキなのでこうなりました。

はい、終わり。
こういう場面ではどうなの?とかこれが引けないときどうすんの?とか大まかなルートとか回し方は?とかいうのは多くて書ききれないのでどんどん聞いてください。
聞かれないと私も答えられませんし、自分の間違いに気づけないと思いますし、納得もできないので。
疑問とか批判があるならいってくれた方がいいですし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴音ゆり

Author:鈴音ゆり
まったり気ままにのんびりとー。
TCGしたりゲームしたりアニメみたり。
凪沙ちゃん、あぁ凪沙ちゃん、凪沙ちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。