スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜくすふっきー

しました。
とりあえず自分では好きなタイプのデッキ組めたんで書こうかな?と。
ちゅーこってレシピ。

PC「獅子島七尾」

SC
張り切るフロン

IG
ディバインプリーズ 4
しきょうを阻む意思ケィツゥー 4
復讐を誓うキリア 4
スラッシュクロードゥーベ 4
飛来する鋭歯ツァッケ 2
聖獣オーラヘケト 2

非IG
海の家の覇者グラ 2
孤影の幽囚ソリトゥス 4
混沌の魔法少女マギア 1
XⅠフラッグスルートヴィヒ 4
天使の休日リアン 2
十二使徒宝瓶宮ガムビエル 2
8月のアウート1
錬金の魔人アルキュミア 3
G1GPXクイーンケィツゥー 3
斬魔真紅剣シンクロトロン 4
マリンモードType.X 3

青白黒のソリトゥスコントロールですね。
環境的にきついのはわかってはいるんですが、こういうデッキ大好きなので仕方ないですね。
きちんと勝てはしますし。

じゃー、採用理由に。

張り切るフロン
SCです。セラフィーヌとの二択で、現環境だとセラフィーヌが遅いのでこちらに。
デッキとしてはセラフィーヌのほうが強いんですけどね…。
ヒンデンブルク捲れた相手PSの3Cとかも壊せて優秀。

IG枠。
ディバインプリーズ
イベント枠に入れられるパニクロ。
メイン枠がかつかつなのでこれはありがたいカード。
守りにも連パンにも使えて大好き。

しきょうを阻む意思ケィツゥー
名前難しすぎでしょう。変換出ないし。
条件は少しきついとはいえ、登場するだけで使える蘭丸。
守りにも使えるし、もちろん攻めに転じるときも。
雑に強いし確定。
あとは後述のカードとの相性。

復讐を誓うキリア
登場時寝かせると6000以下バウンス。
チャージ与えずに4c効果持ちまで処理できる優秀すぎる子。
ケィツゥーと合わせれば11000までもどせますよ。

スラッシュクロードゥーベ
VB。
パスサール、アビッソがいるゆえに忘れがちな存在。
安定して5000まで対処でき、なおかつレンジ無限のように使える。
自軍固めながらバウンスできる偉い子。
ライフから出たら二面処理も可能。
ケィツゥーと合わせれば10000まで処理も可能です。
このカードでしかできないことが強いので、私は大好きです。

飛来する鋭歯ツァッケ
色調整。ハンデスする子かハルタールと悩みましたが、6以下にメインカードが集中して、なおかつチャージを残しながら戦うので、捲れた時の強さではピカイチと判断して採用。
QK2やアルキュミアを手軽に回収できて、特に後者とは相性バツグン。

聖獣オーラヘケト
もう一種のLR。
説明不要な優秀さ。
頼りにしてます。

非IG
海の家の覇者グラ
さすがは水着EBのトップレア、という貫禄。
チャージを増やしながら控え室回収。
このデッキのメインカードほぼ全てにアクセス可能で、連パンの起点にも。
4c6000の打点もありがたい回転率を上げるカード。

孤影の幽囚ソリトゥス
このデッキのキーカード。
チャージ2枚あれば控え室の5c以下を戻せる多面展開カード。
このカードを盤面に出す手段をいくつも用意してあるので盤面に戻りやすく、ひたすら低コストで盤面を埋めていきます。
除去、移動、チャージ抑制、控え室回収など好きなものを選べ、マスト処理を増やしてくれる。

混沌の魔法少女マギア
黒のペネトレイト。
パワーは低いが4cで使えるのは高評価。
今の環境が高速、あるいは素早く盤面を埋めていくのが多いので1cの差は大きい。
控え室にカードを送れるのもいい。
後述のリアンが条件がきついため、一枚差してます。

XⅠフラッグスルートヴィヒ
移動させながら1ドロー。
何を言っているのかわからないレベルの強カード。
チャージを与えずに処理したり、シンクロトロンを立てやすくしたり、蓮パンさせたり。
それにドローが付いてくるので本当にアドアドしいですね。

天使の休日リアン
白のペネトレイト。しかも除外。
条件はあるにしてもあまりあるスペック。
厄介なシステムゼクスを吹き飛ばしたりなどチャージを与えないで行うのは強いですね。

十二使徒宝瓶宮ガムビエル
チャージ抑制。
昔のように二枚並べるのは難しいですが、1枚でも十分。
温情での採用というのもありますが、登場した時からずっと信じて頼ってきた1枚なので抜くことはないです。

8月のアウート
控え室メタ兼優秀なマイナス補正の白スク。
ダンサーやアニムス、AFなど、有効な相手は多く、腐ることはほぼないです。
1枚だけでも戻すことができる裁定なのもありがたいです。
マイナス3000もドゥーベ、キリアの範囲を広くしたり、ケィツゥーと合わせて8000まで見れたりと器用。
ここまで全部ソリトゥスで出せるのが評価をあげてます。

錬金の魔人アルキュミア
お気に入りのカード。
リブートしてるのを一枚犠牲にして控え室から4c以下を戻します。
というかソリトゥスを戻します。
IGで捲れたものや、序盤などに残ってる小さいのを餌にしてチャージを増やしながらソリトゥスへ繋がります。
リブートで登場させるのでソリトゥスもそのまま使えます。
錬金術は等価交換という原則を無視したエドワード兄弟もびっくりのカード。

G1GPXクイーンケィツゥー
守りの要兼展開補助。
1点をほぼ確実に守りながら展開補助にもなり得る優秀な人妻。
戻すカードは事欠かず、アルキュミアやグラの餌としても優秀。

斬魔真紅剣シンクロトロン
P指定の化け物。
条件はあるにしても、7c11000ドロー効果と除去効果持ち。
控えめに言って化け物。
打点、守りの力どちらも一級品。

マリンモードType.X
こちらも化け物。
ZO6という条件はきついですが、11000の手軽ないつでも使える除去は正直強いなんてものじゃない。
シンクロトロンと違い殴りながら効果を使えるので二面処理もでき、相手ターン中でももう一度使えます。
要介護カードですが、介護する価値はあります。

ざーっと採用理由ですね。ではでは回し方というかルートを。
キープ基準から。
先攻はドゥーベorキリアとルートヴィヒ、QK2があると望ましい。
後手でも同様。ただし後手だとドゥーベ、キリアが2枚あるほうがありがたい。
先攻1ターン目は何もせず。
ドゥーベorキリアでバウンス→ルートヴィヒで移動からドロー→QK2→ルートヴィヒ戻して次のターンルートヴィヒ効果からシンクロトロン。
これで手札5枚でPSシンクロ、NSルートヴィヒの場になります。
後手でもそのまま同じように動くのが理想のルート。
そのあとは相手の出方に応じて盤面を埋めていく形で。
デッキの性質上、IG展開されるのに弱いので、できるだけめくらせないように心がけます。

よくダムスタ入れないの?とかVBパスサールじゃない?とかいわれるのですが、
ダムスタは盤面を減らすのでこのデッキとは意味合いが違う、という点と、ダムスタが欲しいという場面は、得てして守りの場面です。
結局IGは捲れなければダムスタですら弱いと感じますし、ダムスタよりもQK2を出したほうが硬いことが多いので、入れてないです。あとはIGにイベント4枚採用しているというのもあります。
パスサールは自軍では確かに5500という魅力的な数字ですが、ドゥーベとは違い、離れた位置からの処理はできません。
自軍を固めたいのでドゥーベのほうが優秀だと思いますし、1,3のスクエアに対して何もできないのも個人的には低評価です。

ま、好みってやつですね。
以上、ざっとですが、書きました。
救済ガルマータにしたり、双竜しても楽しいですよ!
スポンサーサイト

えるだーどらごんはいはんだー

みんなもEDHしませんか?

ちゅーこってEDH(統率者戦)のお話。

そもそもEDHとはなんぞや?という話ですね。
EDH(Elder Dragon Highlander)とは、MTGのカジュアル変種ルールの一つです。
公式により新たに統率者戦という名前に変更されましたが、EDHの愛称で親しまれています。
ジェネラル(統率者)と呼ばれるカードをキーカードに据えた、特殊なフォーマットです。
プレイヤーはジェネラルとなる伝説のクリーチャーかプレインズウォーカーを指定します。
指定されたカードのマナシンボル(コストやテキスト欄に記されたもの)はデッキの指定色となり、デッキに入れられるカードはこの指定色のみとなります。
(例:ジェネラルとして、《艦長シッセイ/Captain Sisay》を選択した場合、指定色は緑と白になります。この場合、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》や《出産の殼/Birthing Pot》などは採用可能ですが、《未練ある魂/Lingering Souls》や《債務者の弔鐘/Debtors' Knell》などは採用できません。)
さらに名前の通り、基本土地以外はハイランダー(全て一枚ずつ)構築にしなければならず、ジェネラルとあわせてデッキ枚数はちょうど100枚になるようにしなければなりません。

とまぁこんな特殊なフォーマットなわけですが、アホみたいに楽しいです。
多人数戦(4人対戦)を推奨しているだけあって、大勢でわいわいしながら遊ぶことも可能です。
時間を忘れますが…。
しかもそこまでお金がかからず遊べるし、構築済みデッキも良質なのが売られています。
もちろんガチガチのゲームだってできちゃいます。

そんなEDHですが、私自身は10年近くやっています。
最近MTGに興味を持ち始めてる友人にEDHの相手ほしさにデッキをそのままあげたりするくらい好きです。

ちゅーこって、メモ替わりですが、今現在自分が愛用しているカジュアル用のEDHのデッキを晒そうかなー、と。

ではまずレシピから。

ジェネラル
《巻物の君、あざみ/Azami,Lady of Scrolls》

クリーチャー(17

《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
《海の占術師/Sea Scryer》
《ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage》 
《石ころ川の旗騎士/Stonybrook Banneret》
《アフェットの練金術師/Aphetto Alchemist》
《粗石の魔道士/Trinket Mage》
《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》
《こだまの魔道士/Echo Mage》
《印形なぞり/Sigil Tracer》
《エレンドラ谷の大魔術師/Glen Elendra Archmage》
《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
《造物の学者、ヴェンセール/Venser,Shaper Savant》
《古術師/Archaeomancer》
《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
《未来の大魔術師/Magus of the Future》
《パリンクロン/Palinchron》
《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》

アーティファクト(17

《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
《魔力の櫃/Mana Vault》
《太陽の指輪/Sol Ring》
《通電式キー/Voltaic Key》
《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
《精神石/Mind Stone》
《友なる石/Fellwar Stone》
《空色のダイアモンド/Sky Diamond》
《サファイアの大メダル/Sapphire Medallion》
《覚醒の兜/Helm of Awakening》
《摩滅したパワーストーン/Worn Powerstone》
《玄武岩のモノリス/Basalt Monolith》
《連合の秘宝/Coalition Relic》
《ブライトハースの指輪/Rings of Brighthearth》
《寺院の鐘/Temple Bell》
《スランの発電機/Thran Dynamo》
《金粉の睡蓮Guided Lotus》

エンチャント(3

《Copy Artifact》
《不実/Treachery》
《精神力/Mind Over Matter》

プレインズウォーカー(3

《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》
《時間の大魔道士、テフェリー/Teferi,Temporal Archmage》

ソーサリー(9

《商人の巻物/Merchant Scroll》
《意外な授かり物/Windfall》
《思い起こし/Call to Mind》
《時間のねじれ/Time Warp》
《時の逆転/Time Reversal》
《永劫への歩み/Walk the Aeon》
《時のらせん/Time Spiral》
《時間の熟達/Temporal Mastery》
《時間の伸長/Time Stretch》

インスタント(16

《否定の契約/Pact of Negation》
《神秘の教示者/Mystic Tutor》
《予報/Predict》
《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
《否認/Negate》
《秘技の否定/Arcane Denial》
《遅延/Delay》
《天才のひらめき/Stroke of Genius》
《知識の渇望/Thirst for Knowledge》
《転覆/Capsize》
《禁止/Forbid》
《呪文丸め/Spell Crumple》
《嘘か真か/Fact or Fiction》
《撃退/Foil》
《知性の捧げ物/Intellectual Offering》
《謝った指図/Misdirection》

土地(34

《溢れかえる岸辺/Flooded Strandt》
《汚染された三角州/Polluted Delta》
《教議会の座席/Seat of the Synod》
《水辺の学舎、水面院/Minamo,School of Water's Edge》
《雲の宮殿、朧宮/Oboro,Palace in the Cloud》
《孤立した砂州/Lonely Sandbar》
《トレイリア西部/Tolaria West》
《ニクスへの祭殿、ニクソス/Nykthos,Shrine to Nyx》
《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
《激浪の研究室/Riptide Laboratory》
《地形形成装置/Terrain Generator》
《島/Island》23

青単のあざみをジェネラルにしたデッキです。
ジェネラルのあざみがどんなカードかと言いますと、

2青青青
人間・ウィザード
あなたがコントロールするアンタップ状態のウィザードを1体タップする:カードを1枚引く
0/2

となります。
自分のウィザードクリーチャーがドロー装置になるわけですね。
しかもタップシンボルないので召喚酔いの影響を受けません。
リストを見て気づく方もいるとは想いますが、カジュアル用のため、必要なカードなどが何枚も入っていません。
しかしそれでもターボジーニアスやパリンクロン、無限ターンに潮吹きの暴君など、環境を荒らしたコンボが入ってます。
そんなドロー大好きな感じのチェインコンボデッキです。
妨害は取れるアドバンテージが大きいものや、バイバックつき、自分のアドバンテージを失わないものなどを選択した上で、チェインコンボにしては多目にカウンターを積んでいます。

さて、このコンボデッキの動きかたの基本はテンペスト時代から時間が変わってもかわりません。
1,カードを引く
2,マナを増やす
3,フィニッシュ手段
です。

1,カードを引く
あざみ(ジェネラル)
予報
知識への渇望
意外な授かり物
天才のひらめき
嘘か真か
知性の捧げ物
寺院の鐘
ジェイス・ベレレン
時間の大魔道士、テフェリー

これらがその役割を担います。本来もう少し多いのですが、ゲーム速度を押さえるため、この形に。
採用基準ですが、スペルのドローは特別な理由がない限りマナコスト以上のカードを掘れるカードにしています。
手札を増やすのはもちろん、アクセスできる枚数を増やすことにしています。
そして特別な理由があるのが予報と天才のひらめきと知性の捧げ物です。
予報は相手の教示者などのトップ積み込みなどのメタに、天才のひらめきは無限マナから、知性の捧げ物は印形なぞりやこだまの魔道士とあわせて無限ドローとなります。
自分でライブラリーを引ききるもよし、相手を殺すもよし。もちろん普通に使ってもつよいです。
置物のドローは確実にアドバンテージの差をつけるものをえらびました。

2,マナを増やす
各種マナアーティファクト
フリースペル
時間の大魔道士、テフェリー

になります。
マナアーティファクトは言わずもがなですね。
本来入るべき超次元レンズのような効果を持つカード(マナを出す際にさらにもう1点出すようなカード)はゲーム速度を押さえるため、入れていません。
フリースペルはマナを減らさないのはもちろん、ニクソスとあわせてマナ加速になります。
テフェリーも同様です。

3,フィニィッシュ手段
潮吹きの暴君
精神力

明確なフィニィッシュカードはこの二枚だけになってます。
もちろん組合せ次第で他の勝ち手段もあります。
以下がそれになります。

無限ターン
激浪の研究室+古術師+ターン追加呪文
ターン追加呪文→古術師でそれを回収→激浪の研究室で古術師をバウンスというループです。
全部で12マナで達成です。

潮吹きの暴君+古術師+ターン追加呪文
潮吹きの暴君がいる状態で、ターン追加呪文をキャスト→バウンス→古術師→バウンス→ターン追加呪文を回収→ターン追加呪文→古師師をバウンス→古師師…といったループです。
無限ターンのついでに無限バウンスまでついてくる派手なコンボですね。

(人を殺すのに十分な)有限ターン
印形なぞりorこだまの魔道士+ターン追加呪文
有限ではありますが、決まれば3.4ターンは得られます。
それだけのターンをもらえればジェネラルのあざみのドローを含めて簡易ループにもなり得ます。

無限マナ
ブライトハースの指輪+玄武岩のモノリス
玄武岩のモノリスで3マナを作ります。そして、自身をアンタップする効果を発動して、それをブライトハースの指輪でコピーするだけです。5マナで6マナ作れるので無限マナですね。

アフェットの練金術師+ブライトハースの指輪+タップで3マナ以上出るアーティファクトかクリーチャー
まず3マナ(以上)をうみます。次にアフェットの練金術師の効果でそのアーティファクトなどをアンタップします。その起動効果をブライトハースの指輪でコピーしてアフェットの練金術師をアンタップさせます。以下の手順で1マナずつ増えていきます。
さらにこれにあざみや寺院の鐘が加われば無限ドローに替わります。(無限マナを作ったあと、アンタップ対象を寺院の鐘やあざみにかえるだけ)

ブライトハースの指輪+通電式キー+4マナ以上出るアーティファクト
方法は上と同じです。ブライトハースの指輪が二枚あれば3マナ以上出るアーティファクトで大丈夫です。

潮吹きの暴君+合計のマナコストが産み出すマナより少ないマナアーティファクト二枚
潮吹きの暴君がいる状態で呪文を唱えて、マナアーティファクトを戻します。そのマナアーティファクトをキャストして別のマナアーティファクトを戻しますマナをうんで、戻して、唱えなおして、の繰返しですね。

ニクソス+パリンクロン
ただしこれには条件があります。ニクソスの信心が6以上ですね。
まず信心6の状態でニクソスを起動して6マナ。
さらに土地を4枚寝かせて4マナのあわせて10マナ。
パリンクロンをキャストして残り3マナ。土地が7枚おきます。
ニクソスを起動して、信心が8になっているので8マナ。さらに土地を4枚から12マナ。
浮いているマナをあわせて15マナ。
パリンクロンを自身の効果で4マナで戻して残り11マナ。
パリンクロンを再度キャストして残り4マナとなります。そのあとニクソス起動からループになり、無限マナになります。
信心5だとマナは増えず、無限キャストのみになるはずです。潮吹きの暴君などとあわせてどうぞ。無限バウンスになります。

無限ドロー
精神力+あざみor寺院の鐘
引いて捨てて引いての繰返し。デッキを全て引ききれる二枚コンボです。
あくまでも無限ルーターなので手札は増えませんが。

知性の捧げ物+青含む2マナ以上出る土地以外のパーマネント(1枚ではなく複数で達成でもよい)+レベル2以上のこだまの魔道士or印形なぞりとウィザード1体以上
まず知性の捧げ物をキャスト、こだまの魔道士か印形なぞりでコピーします。
コピーされた知性の捧げ物が解決され、3ドローしたあと土地以外のパーマネントがアンタップします。
おおもとの知性の捧げ物が解決される前、もう一度アンタップしたこだまの魔道士か印形なぞりでコピー、の繰返しです。
自分よりライブラリーが少ない相手をLOで殺しながら、アーティファクトなどのならびによっては莫大なマナも得られます。
ドローしたカードを使えば勝ちは目の前かと。

未来の大魔術師+師範の占い独楽+覚醒の兜or無限マナ
未来の大魔術師の効果でライブラリーの一番上のカードをプレイできます。師範の占い独楽はタップすることでドローして、自身をライブラリーの一番上におけます。この時点で1マナで好きなだけドローできます。
そこに呪文のコストを1下げる覚醒の兜があわさると、師範の占い独楽が0マナになります。あとは簡単。ひたすらドローして師範の占い独楽をとなえつづけるだけです。

天才のひらめき+無限マナ
当たり前ですね。
コピーや思い起こしなどで全員殺しにいけます。

無限バウンス
パリンクロン+潮吹きの暴君
パリンクロンが無限ループ組めるという条件付きです。
上のパリンクロンのところを参考に。

潮吹きの暴君×2+合計のマナコストが産み出すマナより少ないマナアーティファクト2枚
上の潮吹きの暴君の無限マナにもう1枚潮吹きの暴君いたらもうひとつの対象を相手にぶつければいいだけ。

転覆+無限マナ
バイバックで好きなだけ撃てます。
全部戻してやりましょう。

などなど。
見てわかるように組合せ次第でまだまだ増えていきます。
1ターンにごちゃごちゃしたり、ひたすら自分のターンをやりたい人むけですね。

長くなりましたが、カジュアル用のはこんな感じです。
ガチ仕様のあざみはまたの機会に。
質問やアドバイスあればよろしくお願いいたします。

追記
カジュアル用なので身内から使用カードに制限がかけられています。
《High Tide》《転換》《直観》《超次元レンズ》《魔力の籠手》《かごの中の太陽》《厳かなモノリス》《世界のるつぼ》《記憶の壺》《Personal Tutor》《無下への突入》《精神の願望》《未来予知》《ドリームホール》《全知》《ザルファーの魔道士、テフェリー》《ウラモグ》《コジレック》5000円以上のカード(カード資産による強化でのバランス崩壊をふせぐため

なくても楽しいですし、バランス大事!

おーるはいるぐんし!(2

昨日の続きです。

まずはデッキレシピから。

【みんなで叶える物語】
PC:黒崎神門(オールハイル軍師!)

IG
手甲職人ガントレット…3
見習い十時弓職人クォーラル…1
悪戯好きの妖精ピクシー…4
紅い牙ルビーハウル…3
戦国の華森蘭丸…3
クリムゾンロアー…2
目覚めたTypeV…4

非IG
砂漠の女王クレオパトラ…1(SC)
ライトニングスラスト…1
女界賊メアリ・リード…1
造船技師ジェーミナ…3
バレットライダーシェダル…4
総色竜アンモライトエウオプロケ…2
鈴音シャリーノ…2
悪の根源アジ・ダハーカ…4
九大英雄アーサー…4
オリジナルXⅢType.V“Vb11De"…2
烈日の大英雄アレキサンダー…4
暁十天タフリル・ハジェス…2

単純な赤青のアジシェダデッキです。
まずデッキの中にある構築上の欠陥から話します。

1.3c5000以上を出せるZ/Xの少なさ。
ピクシーで水増しされてはいますが、3c5000オーバーを抜けるカードが11枚しかなく、そのうちPS5000を抜けるカードが7枚しかないです。
5000のSC採用がほとんどないため甘えられはしますが、相手PSの3cバニラを抜きにくいという欠陥があります。
またNS相手にも5000が抜けない事案が発生しかねないです。

2.4c6500を単騎で抜ける4c以下のカードが存在しない。
相手の4バニで止まります。

3.絶対的な青の少なさ。
名称指定アルターフォースであるTypeVを採用していながら、青のカードが12枚しか入っていません。
目覚めたTypeVは貴重な3c5000であるのにそれが出せない可能性を高めています。

4.名称指定、リソースリンクを採用しているにも関わらず、手札補充が少ない。
というか手札補充がリソースリンクです。
2種類の指定カードを使用しているため、その事故確率は大きいです。

とまぁこれだけ致命的な構築欠陥があるデッキです。
てなわけでそれも含めて採用カードから。

PC:黒崎神門(オールハイル軍師!)
本当はサンダーバード君です。(白目

SC:砂漠の女王クレオパトラ
構築欠陥を補うカード。
2cが多いので4c6500への回答や、3c5000抜けない時の急場凌ぎになります。
カメレオンと違い、いつでも打てるため、攻めにも転用できるので採用で。
5000は他のバーンともかみ合いますし、使い勝手はいいです。

IG
手甲職人ガントレット
優秀な赤のバーンつきLR。
6c以上相手にする際、6500として使えます。
2000バーンが先に入るので、挟み込ませず溶かすこともできます。
ジェーミナと合わせて11000まで到達できます。
4枚入れてもいいのですが、もう一枚の都合により、3で。

見習い十字弓職人クォーラル
もう一枚のLR。2枚に増やしたいです。
アタック時被ダメしているZ/Xに2000バーン。
ガントレットがさわれない相手を観れるのが好きです。
簡単にバーンが入るデッキなので効果発動も容易です。

悪戯好きな妖精ピクシー
赤を使用している理由になるカード。
VBの中でもパワーカード。
3cで3000火力を2回割り振れ、めくれても美味しいバーンカード。
単体NS6000まで見ることができるので、3cカードとしての運用もできます。
使いやすく可愛くいつも腐らない最高の妖精ちゃんです。

戦国の華森蘭丸
単体7000火力。
元祖めくれた時の理不尽マシーン。
バーンをばら撒きながら1点装置へと変換されるビートのお供。
単体パワー低いのが難点ですが、ピクシーで死ぬのが高評価です。

紅い牙ルビーハウル
ハジェス対策。
5500が弱いわけなく、出てからずっと使い続けてる一枚。
優秀、の一言。

クリムゾンロアー
プレイヤー神門にすることで得られる強イベント。
7500は効果持ちま5cまで焼き殺すことが可能であり、1-2交換に使えます。
手打ちでも厄介なシステムを触れずに殺すことが可能で、攻守に渡り使えます。
生き物じゃないのが難点ですが…。

目覚めたTypeV
名称指定アルターフォース。
レンジ3が必要なので採用。
詳しくは大きいVで。

非IG
ライトニングスラスト
イベント。
個人的に大好きなカード。
1-3交換も可能になるカードで、なおかつ自分のZ/Xも殺せる1枚。
重いコストですけど、攻守に使いながら詰めの盤面でも活躍するので正義です。
フレーバーのとおり、凄まじい威力かと。

女界賊メアリ・リード
ピン刺しの1-2交換カード。
百機兵が流行っている環境だからこそ、アドにつながります。
単体10000のカードとしても使えるので器用です。
少し重いのが難点ですが。

造船技師ジェーミナ
4c9000叩き出せるパワーカード。
割り振りバーンなので確定で3000を入れることができるので、システムZ/Xなどを殺しやすくなります。
単純にPSを開ける機械としても使うことができ、こじ開けにも行けます。

総色竜アンモライトエウオプロケ
手札を捨てられる6000バーンです。
バウンスが流行っているため、名称指定アルターフォースなどを意図的に捨てながら盤面にさわれます。
パワー査定も500なので使いやすく、1-2交換していきます。
アポロンなどと違い、5cでの運用になるのが軽くて高評価です。

鈴音シャリーノ
名前と容姿が採用理由。
というのは冗談で単純に環境の中で5バニが強いという判断です。
碧フィーユの流行とたぷたぷさん、アーサーの存在により、6cのラインが下がってます。
それらを殺せる8000という数字が単純に強く、また、他のバーンと合わせて綺麗な数字が作れます。
実際試合でも大活躍でした。

九大英雄アーサー
11000打点。
圧力とぶち抜きのカード。
相手を攻め立てることができ、psを一撃で落としに行くことも可能です。
単純に強いと武器です。


オリジナルXⅢType.V“Vb11De"
レンジ3の化け物。
コントロール対策兼、8面埋められた返しの1点装置。
大好きすぎて青使う時毎回入れてます。

烈日の大英雄アレキサンダー
軽い条件で5000バーンをばらまくのは優秀です。
攻めながら盤面を取りに行けるので。
また、自分のZ/Xにも与えられるので自壊からの連続攻撃も狙えます。
ただし相手のライフを3点以下にしなければならないという条件が少しきつい時もあります。
強いんですけど、序盤のミッションが一つ増えるカード。

暁十天タフリル・ハジェス
赤のベインみたいなもの。
攻めにも守りにも使え、なおかつ5000バーンという大きな数字。
他のバーンと合わせてワールドエンドも狙えます。

アジシェダリンク
リソースリンク。
両方とも-500査定のゆるさと、効果の便利性で採用です。
全体バーンとドローはすごく強いですし、このリンクに頼り切るほど派手ではないので、リンクが揃わなくても構わないのが魅力的。
しかし揃った場合は確実に上の動きができるのが最高です。
どちらも確実なアドに変わりなおかつタイミングを選ばないのが素敵です。

と、こんな感じです。
最初書いたように構築欠陥が存在しますが、かなり勝てるデッキです。
プレイングはライフを3以下にまずして、そのあとは殴りながら焼きましょう。

ちゅーこって綾瀬杯のレポ終わりです。

おーるはいるぐんし!

お疲れ様でしたー。
チーム戦に「私立音乃木坂学院」の大将として参加しました。
個人3-1、チーム2-2という残念な結果でしたが、楽しかったです。

では使用したデッキのレシピから。

【みんなで叶える物語】
PC:黒崎神門(オールハイル軍師!)

IG
手甲職人ガントレット…3
見習い十時弓職人クォーラル…1
悪戯好きの妖精ピクシー…4
紅い牙ルビーハウル…3
戦国の華森蘭丸…3
クリムゾンロアー…2
目覚めたTypeV…4

非IG
砂漠の女王クレオパトラ…1(SC)
ライトニングスラスト…1
女界賊メアリ・リード…1
造船技師ジェーミナ…3
バレットライダーシェダル…4
総色竜アンモライトエウオプロケ…2
鈴音シャリーノ…2
悪の根源アジ・ダハーカ…4
九大英雄アーサー…4
オリジナルXⅢType.V“Vb11De"…2
烈日の大英雄アレキサンダー…4
暁十天タフリル・ハジェス…2

赤青のアジシェダリンクを使用したアレキサンダーデッキです。
移動ねぇじゃん!とか言われそうですが、移動とかそういうの関係なしに自分が一番愛用してるカラーリングとデッキタイプで名実ともに右腕です。
本来はPCはサンダーバード君なのですが、チームメイトがサイクロトロン必須であったため、アレキサンダー型での参加になりました。

一戦目(黒緑クレプス)◯
序盤IG乗られてライフ奪われる。盤面返すしてライフとったらVB。
二面返されながらさらに一点もらってしまうけれど、アジダハーカから盤面焼き切ってハジェスでの牽制しながら前へ。
ライフ1の時に無理な攻めをハジェスで抑えて返しターンにラストライフを取りに行ったらLR。
ライトニングスラストで自分P脇のクレプスと相手P脇の自分の蘭丸焼きながら、もう2パン入れて勝ち。

2戦目(赤青白ES)◯
序盤からIG出されてすぐ先手後手返る。
返してライフとったらVB。2面返されライフ取られる。
IG出たのでまた返してライフ行ったらLR。
その後うけた自分のライフからLRが出たためそのまま攻めに使いながら、ライトニングスラストでのLRケアしながら押し切って勝ち。

3戦目(ブレイバー)◯
互いに3C出せないスタート。4c6000が抜かれずそのままIG成功から2-2で1点まで追い込んで、そのまま勝ち。
クソゲーでした。

4戦目(ハンデスブレイバー)×
先2先3先4IG成功連打で一気にライフ1に。ライフから出たものとIGで盤面掃除しながらなんとかハジェスまで。
一体目は普通に殺されるも、自軍埋めた状態で2体目出して、そこで止まってくれた。
丁寧に盤面固めてから焼きと打点でライフ取りに。
山札残り3枚の時に、アレキサンダー、目覚めたTypeV、ハウル、ジェーミナ残りの山で、リソが9。
LR踏まなければ勝ちの盤面でLR踏んでもIG2Hitしなければ1点はほぼない状態。
次のターン考えるとリソ10にしたく、手札は4,5,6。
TypeVがいたので篭りながら殺せるのでこのターンに10にして4,6で動く道に。
これがプレミで、リソおかずに4,5なら拾えてた。
案の定LRを踏んでターンが返り、IG成功。
盤面埋められてIGできずに、アレキサンダー引けなくて負け。
手札を1残してハジェス使えるようにしなきゃいけない場面。
完全なるプレミで負けました。

チームは2-2なのでここで敗退。
自分のメインデッキなこともあり、しっかりと勝ち越せてくれましたしすごく手になじむゲームを作れました。
古いデッキタイプですが、まだまだ戦えるデッキだなぁって。
次の記事で詳しいデッキ解説します。

こころぴょんぴょん

ご注文はうさぎですか?

というわけで月宮うさぎデッキの変遷じゃないけど、どんな風に変化・調整してきたかをまとめようかなぁって。

月宮うさぎデッキのことは過去記事の「とんで、はねて」シリーズ読んでください。

んじゃまー組むきっかけから。
組もうと決めたのは「月宮うさぎ」だからです。
リアル月宮うさぎさんのファンだったので普通にCD買いましたしついてきたカード使うよね、って話。
CD発売当初は3弾(五帝竜)環境でした。

月宮うさぎが移動効果のため、小学生並みの発想でヴェルテと合わせたら強そうじゃね?って思考からスタート。
軽い移動カードで便利なスメティナやヴィーヴァルを採用して、あとは完全に青黒のグッドスタックで組んでました。
正直月宮である必要性なくてぐぬぬでした。
それでもスメティナやヴィーヴァルでの盤面をいじる力と、PSへの引きこや移動からの蓮パンでなぜか勝ててた初期段階。

そして4弾で劇的に強化された気がします。
フィオレとアマダンサー、スナップシューターの存在ですね。
アマダンサーでの踏み倒しからのパンチ数が増やせるのと、相手ターンでも使える軽いフィオレ、スナップシューターが地力を底上げしてくれました。

ルクスリアを採用する意味が出てきたきっかけであり、ダンサールクスリアフィオレフィオレもよくやってました。
今の原型となるギミック、というかフィオレを得たことにより勝率が所持デッキ一位になった感じ。

5弾。
デッキが完成した瞬間でした。
メノーテヘルシャーというダンサーと相性のいい除去ユニット、優秀なドロー付きのIGアイコンである猫の恩返し、喉から手が出るほど欲しかった入れ替えカードであるジャムセッションですね。
メノーテヘルシャーのおかげで穴を開けることが楽になるので移動先や詰み回避が増えました。
恩返しは先攻のハンド不足の解消からめくれて美味しい一枚になりましたし、ジャムセッションのおかげでヴェルテのパンプや月宮の運用がすごく楽になりました。
また、IGバニラのマーメイドが増えたことも大きいですね。

日本一
湯けむりロザリーという現在支えてくれているカードが出ましたが、当時は採用していないです。
引きこもりはできますけど、前に出せるカードが劇的に少ないため不要でした。
しかし湯けむりロザリーが出たことは大きな影響ではあったと思います。

6弾。
環境デッキになれたかなぁと思った瞬間です。
ノンノの登場ですね。
引きこもり補助から引きこもっているカードを打ち出す装置。
4cアデル採用をこの段階でしていました。
生き物残ればそのまま殴る回数に変換できるノンノはこのデッキに最適でした。
しかし当時流行っていた赤白のブレイバー系統に弱すぎて、しだいに抜けて行ってしまいました。

7弾。
フロートの登場により、湯けむりロザリーとノンノが輝きました。
そしてデッキが世に出始めたころでしょうか?
密かな企みというカードも増え、殺意と守り札が増えました。
殴って自軍に戻るユニットが多く、今の戦法がはっきり出てますね。
環境も青イェーガーやエルダーなど有利を取れる相手が多く、追い風でした。
苦手とするブレイバーもブレイバー要素減ったものが多かったですし。

8弾。
現環境ですね。
ヴェイラ、ルートヴィヒの登場と、優秀なLRであるラケーテインフェクトにより完全にアーキタイプとして完成されました。
詰めの動きから序盤の安定度までが底上げされ、より対応度が上がりました。
全てのZ/Xにレンジ無限を着けられるデッキ、という感じにまでなりました。
また優秀なカードが5c以下に集まっているのでアセディアというイベントカードが嬉しかったです。
環境当初は知らない人が多かったのもありますが、かなりの好スタートでした。
アセディアを使ったコントロールが多かったのも追い風で、ビートのアセディアの強さをうまく使えたかなって。
遅めの環境で、狩れる相手が多かったです。
しかしハンデスブレイバーという天敵が増えたことにより、少し変わります。
ドローとして使いやすいグライドの採用ですね。
相変わらずZ/Xされるのが苦手なのでなかなか勝ち切れていないみたいですが。

とまぁこんな感じですかね?
初期段階、よくデッキになってたなって思いました。
だいたいこんな感じで変化して行ったデッキです。
プロフィール

鈴音ゆり

Author:鈴音ゆり
まったり気ままにのんびりとー。
TCGしたりゲームしたりアニメみたり。
凪沙ちゃん、あぁ凪沙ちゃん、凪沙ちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。